花図鑑 -秋-

2017年9月1日

スイレンの花の特徴

スイレンの特徴は平均して四日間程度花が毎日開いたり閉じたりする事です。その他に品種により日中に花が咲くタイプと夜に花が咲くタイプがあります。スイレンは陽当たりが良い場所を好むので、冬場でも日光があたる場所に置くと良いです。白やピンクの色が多いですが黄色などがあります。池など水の多い場所で育てる事が多いです。一緒に金魚などを育てる事が可能なので人気があります。地中から茎がのび、水面に花を咲かせるのが特徴です。スイレンの花言葉は清純な心や信頼そして信仰を意味します。古代エジプトでは白いこの花が信仰の対象になり、太陽のシンボルとされています。花言葉の信仰はこれが由来だとされており、アジアでは仏教と縁が深い事から浄化を意味します。スイレンの花の時期は5月から9月で、品種により多少の違いがあります。この花は別名をひつじ草と言い、午後二時には花を閉じる性質があるのが特徴です。この花言葉にはギリシャ神話のニンフの伝説から滅亡の意味をもっています。信仰などの意味がありますが、場所によっては異なった意味を持つ花です。最盛期は7月で暑い夏の時期にすがすがしい花を咲かせます。水辺に花を咲かせる夏を代表する花です。